第21回 魔界~魔界無情~

黒魔術軍の侍大将・陶隆房は、細川ガラシャに命を狙われていた。隆房の前に現れたのは、日の本一の兵と云われた真田幸村の子息、真田大助。

 

前回の戦いにて負傷した隆房は手負いながらも大助、霧隠才蔵、百地三太夫との闘いを申し受ける。大助との一騎打ちに優勢を図る隆房であったが、三人を相手に次第に弱ってくる。

 

必死に戦うが苦戦する隆房。そこにまさかの人物、鶴姫が現れる。鶴姫は生きていた。だが、安成に刃を向け、そのまま〝大祝の魂〟にて安成を倒す。

鶴姫は闇に堕ちたのか…

 

平安の海賊・藤原純友は、時代は違えど海賊同士の九鬼嘉隆に手を組もうと働きかける。その勧誘をふてぶてしく断る九鬼。純友の背後に現れたのは滝夜叉と俵藤太。

 

九鬼は道三を守りながら、純友、藤太を相手に奮戦。ついには九鬼と児雷也の連携で純友を撃退する事に成功したが、滝夜叉の呪術により村上景が捕えられる。

 

大助、才蔵に襲われる夕顔。夕顔の前に剣を振り上げる大助。しかし、振り上げた剣は夕顔を襲わず、動きを止められた大助。その窮地を救ったのは……才蔵であった。

才蔵は何者なのか。

公演日:2016年1月15日

【One Scene Pickup】