第62回 魔界~怠惰Sloth~を振り返る

「第62回 魔界~怠惰Sloth~」を写真と共に振り返っていきます

『六文陣』

昌幸が倒れている清海を抱き寄せ、治療している。

その背後からお市の方が現れる

お市の方 「配下想いよの。」

昌幸 「真田十勇士はわしの宝じゃ。配下ではないわ。」

お市の方 「ほほ。宝との。」

お市の方は、昌幸に策を求める

昌幸 「滝の方が子を産むときいた。まずは滝の方の子を仕留めなければならぬな。スキピオヌを上回る者が生まれるやもしれぬ。」

お市の方 「どうすればよい。」

昌幸 「今一度、陽動作戦じゃな。」

お市の方 「陽動作戦?」

昌幸 「おぬしは全力で死の谷を攻めるがよい。おそらく、滝の方は風の里におるであろう。敵を死の谷にひきつけ、その間に手練れの者単騎で、風の里を襲えばよい。きゃつらも本軍は死の谷においてあるであろう。警護は薄いとみた。」

お市の方 「それでは早速出陣の準備にかかろう。」

昌幸 「われら真田は死の谷攻めには参戦せぬ。われらにはわれらの考えがあるでの。われらの代わりに強力な援軍を送ってやろう。安心するがよい。」

お市の方 「強力な援軍?」

昌幸 「まぁ楽しみにしておるがよい。」

OP:楚歌 鬼目&十蔵&謎の剣士

『死の谷』 縛られている猫娘、河童が鬼道丸に許しを請う

河童 「わしらを信じてくれかっぱ!」

猫娘 「この縄を外してほしいにゃ!」

鬼道丸 「確かに・・死の丘にお市の方はいた。そしてあおいちゃんも・・」

河童 「わしらは嘘をつかないかっぱ!」

鬼道丸 「だけど・・一歩間違えれば・・。」

猫娘 「それでも本当のことだったにゃ!」

河童 「鬼道丸!わしらはなかまかっぱ!」

鬼道丸 「なかま・・。」

魔界3軍が軍議を開いているが、魔界水軍は里見のみ。 滝の方の出産のため、安全な場所に姿を移している。

晴明 「隆房、鶴姫は戻ってこぬか。」

隆房 「戻ってきておらぬ。先般の真田どもの奇襲以来姿を消しておる。」

晴明 「敵の手に落ちたやもしれぬな・・。」

里見 「だとすれば、六文陣でござるかな。」

晴明 「その公算が高いであろうな。」

隆房 「どうするのじゃ。」

晴明 「いまは動けぬ。鶴姫が囚われたとあれば、冥界軍は再び攻めてこよう。」

隆房 「かといって見殺しにはできぬ。童子!わしと来い!」

童子 「わかった!」

晴明 「ふたりで攻め入ったところでどうにもなるまい。」

隆房 「ふん。真田ごとき恐るるに足らず。童子!おまえがどれほど腕をあげたか見てやろう!真田ごときに遅れを取るようでは、馬頭を取り戻すことなど夢のまた夢じゃ!」

童子 「もちろんだ!!」

隆房と小豆洗い、童子が去っていく。

道節 「大殿!」

そこに、道節が入ってくる。

里見 「おお!道節!親兵衛の様子はいかかじゃ。」

道節 「だいぶようなってはおりますが、傷が深いのでまだ動くこともままなりませぬ。信乃も戻ってきておりませぬ。」

里見 「信乃・・。やはり難しかったか。」

道節 「難しかった・・とは・・。」

梵蛇眉 「いずれにせよおれたち黒魔術軍でこの死の谷を守らなきゃいけねーってこったな!」

右近 「しかたあるまい。」

ジュスタ 「みなのもの。戦力を分散させず本陣を固めるのです。」

山三郎・チャック・チュンニ・影狼・梵蛇眉 「承知!!」

『六文陣』

昌幸が見守るなか、清海が舞を捧げる

そこに、大助が鶴姫を引きずり現れる。

大助 「この生意気な女よ!!二度と逆らえぬようにしてやるわ!!」

大助、鶴姫に襲いかかるが必死に抵抗する鶴姫。

昌幸 「やめよ。」

大助 「おじじさま・・。」

昌幸 「わが孫がご無礼いたした。許されよ。」

昌幸 「鶴姫殿。大事な客人ではあるがこの縄は解いてはやれぬ。大事な客人に逃げられてはならぬからな。」

そこに秀頼が現れる。

秀頼 「やはり貴様か。」

昌幸 「これはこれは秀頼君。ご機嫌うるわしゅう。」

秀頼 「お市の方が死の谷の総攻撃の触れを出したが、お主、余計な差金を。」

昌幸 「ご不満かな。それとも怖気づかれたか。」

秀頼 「ふん。馬鹿な。わしは現世の頃のわしではない。」

昌幸 「それは楽しみじゃ。」

秀頼 「大助、おまえの祖父は厄介な者じゃ。おまえもせいぜい踊らされぬようにせよ。」

大助 「わはははは!わしはもう慣れとる。おじじさまにかかってがだれも太刀打ちできぬわ。」

秀頼 「昌幸。おまえの策にのってやろう。そして我が武を見るが良い!」

秀頼、立ち去る。

昌幸 「若いのう。あの滾り方。まさに若き日の勝頼殿を思い出すわ。」

佐助を見て。

昌幸 「おまえの父御をけなしたわけではないぞ。懐かしんだのじゃ。」

才蔵 「大殿さま。」

お犬が現れる。

昌幸 「待っておったぞ。」

お犬 「何用じゃ。」

昌幸 「わしと似たものよ。わしは、道満に魂を借し、その力をもってこの魔界にて復活した。おぬしは、犬坂毛野の魂を利用したか。」

お犬 「ふふふ。なんのことかわからぬ。」

昌幸 「わからぬならわからぬでそれでもよい。お主に頼みたいことがある。」

お犬 「なんであろう。」

『死の谷』 河童と猫娘が必死に縄をほどこうとしている。

河童 「なんとかここを逃げなければかっぱ。」

猫娘 「そうにゃ!」

そこにASHが現れる。

河童 「な・なにものかっぱ!」

ASH 「貴様らに名乗る名などない。命が惜しくばついてこい。」

ASHは2人の縄を解き、そのまま去っていく。 河童と猫娘が顔を合わせているが、そのままASHについていく。

鬼道丸 「みんな・・。」

背後から朧が現れる。

朧 「どうして見逃したの!」

鬼道丸 「わわわわ!!あんた!!どこに行ってたの?」

朧 「お市ってのがやばすぎて、結界張って隠れてたんだ。」

鬼道丸 「隠れてた?」

朧 「父上に頼まれて、そこにあおいってのをかくまってる。」

鬼道丸 「晴明に?どうりであおいちゃん見当たらないと思ったら、あんたが・・」

朧 「父上には、あおいと一緒に隠れとけって言われたけど退屈なんで出てきちゃった。」

鬼道丸 「だめじゃん!そんな勝手な・・。」

朧 「それにしてもあいつはやばいな。」

鬼道丸 「あいつ?」

朧 「さっきのやつだよ。あいつはガラシャの子なんだって。」

鬼道丸 「ガラシャにまだ子供がいたの!?」

朧、鬼道丸の手を引っ張って

朧 「とにかくほっとけない!行くよ!!」

朧、鬼道丸を伴って去っていく。

『六文陣の外れ』

隆房、童子が潜んで冥界軍を見ている

童子 「隆房さま。冥界のやつらがこんな近くまで・・。」

隆房 「ふむ。六文陣に行くつもりが・・冥界の本軍と出会おうとは・・」

童子 「藤太も師匠もいる・・。」

お市の方 「これより死の谷に攻め入る。皆のものまいろうぞ!!」

全員 「おう!!」

冥界軍が去っていくなか気配を感じた馬頭が止まり、それに釣られて藤太も止まる。

隆房 「藤太!!」

童子 「師匠!!」

藤太 「隆房!!」

隆房 「藤太!今日という今日はおまえを連れ戻すぞ!」

藤太 「しつこいぞ!隆房!!」

童子 「師匠!!」

馬頭、黙って構える。 それを見て藤太も構える。

隆房 「腕づくか・・それもよかろう。」

隆房も構える。

童子 「音を鳴らせ!!!」

隆房は藤太と、童子は馬頭と戦う。 隆房と小豆洗い、童子の奇跡の連携から藤太を倒すことに成功

しかし、そこにASHと河童、猫娘が現れる。

河童と猫娘が奇襲で小豆洗いを倒し、隆房・童子にASHが一撃を放ち倒す

ASH 「やれやれ。お市のつめの甘さは問題じゃ。母上にお知らせせねば。兵力をこのようなところで割いてしまうので考えられぬ。」

藤太 「隆房。もうわしに構うな。わしはおまえとは戦いとうはない。」

隆房 「藤太・・。」

ASH 「さっさと先陣にもどれ。妖怪どもはわれについてまいれ」

ASHは去り、河童と猫娘もついていく。

そして藤太も立ち去っていく。

隆房 「藤太待て!!」

童子 「師匠!!!」

去り際、馬頭が止まって、童子を見る。

馬頭 「童子。腕を上げたな。」

『風の里』

純友のもとに秀頼が現れる。

秀頼 「純友。滝の方とその子の魂をもらい受けにきた。」

純友 「おぬしではその役目は果たせまい。」

秀頼 「わしを愚弄するか。」

純友 「愚弄ではない。真実じゃ。」

秀頼 「純友。主がわしを防ぐというか。」

純友 「めんどうじゃが、ここを通るというならば是非もなし。」

秀頼 「ふん。であるか。」

純友 「相手してやろう。」

秀頼、刀を抜く。

純友 「音を鳴らせ!」

純友が圧倒的に優勢で進むが、激闘の中 秀頼は新しい術を使い次第に劣勢を跳ね返す。

そして、最後は大技で純友を倒す。

秀頼、奥へ駆け込むが、しばらくして出てくる。

秀頼 「もぬけの殻か。」

純友が身体を起こす。

純友 「ふふ。少し遅かったようじゃな。」

秀頼、刀を構え純友に近づく。

純友 「斬るがよい。」

秀頼、刀を構えるが、その刀を納める。

秀頼 「主のおかげでわしはまた強くなった。その礼だ。今日は斬らぬ。次回は本気でかかってこい。手を抜くな。」

純友、にやりと笑う。

純友 「きづいておったか。」

秀頼、マントを羽織り取り去っていく。

その後ろ姿をみて

純友 「魔界とはつくづくおもしろきところよ。」

『死の谷』

魔界3軍の元に冥界軍が攻め込んでくる

晴明 「お市の方。少し手勢が足りぬようだな。」

梵蛇眉 「真田の連中がいねぇな。こりゃどこかに伏兵でもいるかもしれねーな。」

義継 「わしら魔界少女拳がおればおのれらなど物の数ではないわ!のう御台所!」

富子 「ちょっと少ない気がするの・・。真田の者共は勝手がすぎる。」

晴明 「ほう。真田は別か。」

義継 「御台所!!」

富子 「なんや言うたらあかんかったんか。それならそうと・・。」

里見 「右近どの。親兵衛を守ってもらえませぬか。この者は最後の切り札。」

親兵衛 「大殿!!親兵衛は戦えるぞ!!」

道節 「ここ一番というとき戦えば良い!」

右近 「承知した。チャック、チュンニ、影狼。親兵衞を守れ。」

影狼 「承知!」

影狼、チャック、チュンニ、親兵衞の近くに移動。

お市の方 「決戦じゃ!!音を鳴らせ!!」

乱戦の中、土方&山崎が山三郎に敗れピンチに陥ると 二人の新撰組隊士が現れ、土方達を救う。

土方 「おめぇら!!」

永倉 「副長!!助けに来たぜ!!新撰組二番隊隊長 永倉新八!!!!」

原田 「同じく新撰組十番隊隊長 原田左之助!!!」

梵蛇眉 「新撰組だとぉ!!」

右近 「ひるむな!!音を鳴らせぇええええ!!」

再び乱戦となり冥界軍は優勢に立つが魔界軍が押し返す。 一気に攻め込むが、そこにお犬が現れ一撃を放つ

更に藤太と馬頭が現れ、乱戦の中心に居る里見を追い込む

お犬 「里見義堯。良い眺めじゃ。このときを待ちわびておったえ。」

道節 「大殿・・これは・・。」

里見 「貴様は・・玉梓・・毛野を乗っ取たか・・。」

玉梓 「ふはははは。わらわは冥界の泥の中に埋もれておったが、毛野とやらが勝ちの欲に囚われたのが好都合であった。欲にまみれた魂ほど乗っ取りやすい。八犬士はそもそもわらわの呪いが籠もった魂のかけらよ。馴染みやすい魂であるわ。」

里見 「信乃はいかがした?」

玉梓 「信乃・・あぁ・・あの者の身体にも別の者が巣食っておったわ。かの者もまたおぬしたちに馴染み深き者。わらわが解き放ってやったわ。」

道節 「馴染み深き者・・誰じゃそれは!!!」

玉梓 「それは知る必要はない。なぜならおぬしらはここで消えるのだからの。お市の方さま。」

お市の方 「スキピオヌ。この者たちをあとかたもなく消し去れ。」

里見 「親兵衞!!!」

そこまで隠れていた親兵衞が飛び出し、術を放つ。

親兵衞 「大殿ぉおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

爆発音と共に冥界、魔界共に吹き飛ぶ。

晴明 「皆のもの脱出だ!!!」

右近 「ひけぇええええええ!!!!」

魔界軍は一気に撤退していく

玉梓 「まてぇえええ里見ぃいいいい!!!」

追いかける玉梓を親兵衞が斬り、全員と共に撤退

玉梓 「おのれぇええええええええ!!!!」

『六文陣』 昌幸と真田十勇士、そして縛られた鶴姫の元に安成が現れる。

昌幸 「越智安成殿。よく参られた。」

安成 「鶴姫さま!!」

鶴姫 「安成!!」

昌幸 「安成殿。そなたに提案がある。」

安成 「・・・・。」

昌幸 「われら真田と手を組まれよ。」

安成 「なんだと。」

昌幸 「そもそもそなたは魔界水軍とも関係はなかろう。成り行きで属したにすぎぬ。われら真田と手を組めば、冥界をも倒すことができるかもしれぬ。もちろん、愛しき姫も同じくじゃ。」

才蔵 「安成殿。武器を置かれよ。わしはそなたらと戦いとうはない。味方になれるのであればそれに越したことはない。」

鶴姫 「安成!!」

安成は黙って、剣を昌幸に突きつける。

安成 「姫を返してもらおう。」

昌幸 「やれやれ。魔界の者共は理より情が強くていかんわい。もっとも。そうであろうと思っておったがの。」

昌幸、鶴姫の縄を外し乱暴に安成の足元に転がす

昌幸 「おのれらの絆とやらで、この真田に勝てるかやってみせよ。」

大助 「大殿!気でも違われたか!!」

昌幸 「気は確かじゃわい。この魔界のからくりをもう少し知らねばならぬでな。」

そして昌幸は十勇士ひとりひとりに声を掛け士気を高める

昌幸 「大助。」

大助 「はは!」

昌幸 「わぬしは好きなだけ、この者共を斬り刻め。わぬしの腕をわしにみせよ。」

大助 「承知!!」

大助、剣を高々と掲げ

大助 「音を鳴らせ!!!」

真田は一斉に襲いかかる。 鶴姫と安成は連携して、懸命に戦うが多勢に無勢で追い詰められる。

そこに突如、蜘蛛丸が乱入。 真田十勇士を撹乱する。

そこにひとりの少女が現れる。

少女は凄まじい戦闘能力で真田勢を圧倒。

そこにスキピオヌとそっくりな者が現れ、真田勢を吹き飛ばす。

大助 「スキピオヌ!??」

蜘蛛丸 「逃げよ!!」

撤退をする鶴姫・安成に対し昌幸が術を出そうとすると その背後から朧と鬼道丸が現れる。

朧 「そこまでだ!!」

昌幸 「ほう。また新たな者が現れたか。これはおもしろし。」

鬼道丸 「鶴姫!安成!!早く!!」

安成、鶴姫、目を合わせ、すばやく脱出する。

蜘蛛丸と謎の少女も共に逃げる。

十勇士が追おうとすると

昌幸 「追わぬでよい!!!」

全員、足を止める。

昌幸 「さて。小さき猛者どもはいかがするかの?」

鬼道丸 「朧ちゃん・・。」

朧 「三十六計逃げるにしかず!!!」

鬼道丸と朧も逃げる。

昌幸、愉快そうに笑う。

大助 「おじじさま。スキピオヌが・・・。」

昌幸 「あれはスキピオヌに非ず。」

才蔵 「スキピオヌに非ず・・・。」

昌幸 「おそらく滝の方の子の式神であろう。」

清海 「式神?」

昌幸 「魔界で子を産むことは簡単ではない。おそらくガラシャが手を打ったのであろう。いかがかな。」

ASHが現れ、にやりと笑う。

昌幸 「魔界のからくりは理に非ず情じゃ。濃い情がまるで、水面の墨のように広がる。その淡き儚き闇こそが魔界。情を知らずして魔界は制せぬ。ならばよし。わしには策がある。情を知らぬ冥界は魔界を制せぬ。それを知るわれらこそ魔界を制し、冥界を制する者じゃ。ならばもっと深き濃い情をこの魔界に注いでやろう。墨ではない真っ赤な鮮血じゃ。真田の赤き血で染め上げてやろう。この魔界を!!これすなわち真田の兵法。そして魔界を獲る。」

昌幸の狂気に満ちた笑いが魔界を包む。

戦線から撤退した安成、鶴姫、蜘蛛丸、そして謎の少女とスキピオヌに似た者

鶴姫 「スキピオヌがなぜ・・」

蜘蛛丸 「滝の方さま。」

安成 「滝の方?」

滝の方 「ふふ。冥界の者共から目を逸らすため姿を変えておるだけじゃ。そしてこの者は、スキピオヌではなく我が子の式神じゃ。」

鶴姫 「式神・・。」

滝の方 「長くは操れぬ。霊力が足りぬでの。この姿も。蜘蛛丸。」

蜘蛛丸 「は。」

滝の方 「うぬの霊力をもらうぞ。」

滝の方、拔く手も見せず蜘蛛丸を斬る。

滝の方 「安成。我が子を守ってもらうぞえ。」

安成 「我が子・・守る・・」

滝の方 「当然であろう。主とわらわの子であるからの。」

こうして『第62回 魔界~怠惰Sloth~』は終了しました

次回の公演は2019年9月20日(金曜日) チケット絶賛販売中です

【チケット情報はコチラ】

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square