第56回 魔界~免罪Pardon~を振り返る

「第56回 魔界~免罪Pardon~」を写真と共に振り返っていきます

冒頭は前回のラスト、魔界衆達に会いに来たお犬(犬坂毛野)のシーンから

『風の里(五芒星軍本陣)』

里見を抜け、魔界衆のもとに戻ってきたと言うお犬だが、あおいを刺した事を聞いていた魔界衆は疑心暗鬼のまま・・・

お犬 「あおいさまを真田の術を解くには・・・しかたなかったのです。しかし、わたくしの罪は罪。ですからこうして里見を抜けて皆様のもとに戻ってきたのです。」

姑獲鳥 「でもあおいさまはまだ真田に捕まっておりますわ。」

お犬 「そこなのです。あおいさまを救い出さなくてはなりません。そこで皆様の力を必要なのです。」

鬼道丸 「あちきたちの?」

お犬 「真田の陣に忍び込むには敵の油断を誘わなければなりません。五芒星軍や魔界水軍、里見八犬士は今、敵の監視を受けております。皆様なれば敵は油断しましょう。」

河童が突然奇声をあげ、きゅうりを食べ始める・・・

鬼道丸 「河童!!なんかこの間からおかしいよ。。。」

お犬 「妖怪化が進んでおるのですね。」

鬼道丸 「え?」

お犬 「なんでもありませぬ。すこし河童さまはお病気かもしれません。」

お犬 「わたくしが少し様子を見ます。それより皆様は風の里を出る準備をしてください。支度が整い次第、六文陣に向かいましょう。時が経てばあおいさまの身に危険が及びます。」

鬼道丸 「わかった!それじゃみんな行こう!」

河童を残し、鬼道丸達は準備に向かう

お犬 「河童よ。おぬしはわかっておろう。このままでは妖怪に成り果てることを。完全に妖怪になればおぬしはもはやヒトとしての記憶が失う。」

お犬 「わたしがお主を救ってやろう。それだけではない。ヒトガタとして生まれ変わらしてやってもよい。」

河童 「ヒトガタに・・・」

お犬 「わたしの言うとおりにするがよい。」

お市の方、大助、秀頼が霊力が急激に下っている風の里に攻め込もうと企てている。

秀頼 「理由はわからぬが、なにか内部で起こっているのであろう。もはや重衡の砦もわれらの手に落ち、残るは魔界の勢力は風の里だけだ。一気に攻めるが上策だ。あの程度の結界であれば、われら魔界少女拳の力をもってすれば、冥界の兵も使えるぞ。」

大助 「一気に攻めるのも良いがそれはこちらの兵力も損なうことになるぞ。」

秀頼 「ほう。なにか策でもあるのか。」

大助 「削るのじゃ。敵が弱っておるなら、少しづつ策を用いて敵の兵力を削るにしかず。そののちに本攻めするがよい。」

秀頼 「言うではないか。いっぱしの軍師だな。」

大助 「なんだと!!!」

秀頼と大助が一触即発になるが、お市の方が仲裁に入り大助の策を聞く事に

大助 「風の里に逃げ込んだ黒魔術軍。そして鶴姫が風の里の外におる。これらを削る。」

オープニング:魔界堕天(妖&小次郎&十蔵)

『風の里(五芒星軍本陣)』

晴明は、童子へ鶴姫を探しに行かせるよう命じる。

童子に同行しようとする馬頭だが・・・

晴明 「馬頭、おまえはここに残れ。冥界軍は必ずここを攻める。戦力を割く余裕はない。」

馬頭は童子を心配するのだが

晴明 「馬頭、人は責務を負って初めてひとりだちするものだ。童子ももう一人前の将としてひとりだちする時期だ。」

童子 「晴明さま!おら必ず鶴姫を取り返すよ!」

童子は鶴姫を探しに、馬頭は北の砦の守りを固める為、去っていく

立ち去ろうとする晴明に、山三郎が立ちはだかる

山三郎 「アタシ達に指示はないのかい。」

晴明 「ない。」

山三郎 「そりゃどういう意味だい。」

晴明 「黒魔術軍とは正式に同盟を結んだわけではない。勝手な真似はできぬ。」

山三郎 「そうかい。それじゃどう振る舞おうがアタシ達の勝手というわけだね。」

晴明 「そういうことだ。」

そう言い晴明は去っていく

山三郎 「じゃぁ勝手にさせてもらおうかね。チャック。」

チャック 「そこにいるのはわかってるある!出てこいある!!」

そこに現れたのは魔界新撰組の土方と山崎

山三郎達に冥界軍に寝返るよう提案するのだが

山三郎 「悪い話ではないねぇ・・・そもそもここにどうやって忍び込んだのかね。それと・・・アンタ殺気が溢れすぎてるよ。」

土方 「ふ。バレちゃしょうがねぇ!!」

突如 土方が斬りかかり戦いに発展する

山三郎 「音を鳴らせ!!」

激闘の末、山三郎が優勢の中、突如 魔界少女拳の日野富子が現れ 術で山三郎の動き止め、土方がとどめの一撃を放つ・・・

『風の里(五芒星軍本陣)』

冥界軍の進撃により、重衡の砦を奪われてしまい 撤退の末 滝夜叉達が居る風の里に戻ってきた里見義堯。

報告を終え、目を失った純友の姿を見て驚く

里見 「純友殿・・目を・・」

重衡 「純友さまは滝夜叉さまの魂を救うため、おのれの目を差し出されたのです。」

重衡 「魔界の霊力が下がっている今、純友さま自らの霊力を滝夜叉さまに与えるしかなかったのです。」

純友 「最強を誇った魔界水軍も今は苦境の時じゃ。ここはしばし忍ばねばならぬ。」

里見 「滝夜叉さま。お父上の復活はいかに。」

滝夜叉 「父上は必ず取り戻す。冥界の使者などではない。本物の父上をじゃ。それまではなんとしてでもこの魔界で生き残る。」

純友 「将門はまだ記憶を取り戻しておらぬ。将門の記憶を取り戻す術は晴明が知っておろう。その術を知るまでは五芒星軍と手を組むのじゃ。」

里見 「それはよい判断でござる。」

滝夜叉は、重衡と蜘蛛丸に 外の様子を探るよう命じる

里見 「はて?安成殿は?」

純友 「黒魔術軍の様子を見に行かせた。」

倒れている山三郎達を発見した安成。

そこに右近とジュスタが現れる

右近 「安成。わかっておろうな。」

ジュスタ 「裏の裏はおもて。はかりごととはそうしたものじゃ。」

安成 「裏の裏・・・」

『六文陣(真田十勇士本陣)』

前回 "あさぎ"が目覚め、小助に術を放った蘆名あおい

意識を失ったように立ち尽くすあおいに対し、邪魅が呪詞を捧げるが変化は起こらない

大助 「ふん。変化はないか。一度は意識を取り戻したらしいが、再びでくのぼうか。」

大助 「よく見るとなかなかの美しさじゃ。ふふ。いい案が浮かんだわ。おまえをわしの女にしてやろう。」

大助、強引にあおいを押し倒すが、意識を取り戻したあおいが絶叫する

あおい 「たすけて!!佐助!!!」

佐助が風のように現れ大助に一撃。

そしてあおいに逃げるよう指示をする。

大助 「佐助・・きさまぁ!!勝手に陣を離れたあげくわしに逆らうとは!!」

激怒する大助、小助は黙って佐助の前に立つ

大助 「小助、佐助に仕置きをしてやれ。わしは風の里を攻めねばならぬからな。どちらが最強の十勇士か試してやろう。小助。佐助を倒したらあおいを取り戻せ。女の足だ。そう逃げられまい。」

小助 「音を鳴らせ!!」

小助vs佐助の戦いへ

激しい戦いの末、最後あと一歩のところで佐助が倒され 小助は傷を負いながらもあおいを追いかけに向かう・・・

『蒼海の浜のはずれ』

鶴姫を探しに来た童子、そこに少年(謎の八犬士)が声をかける

少年 「鶴を探してるのか?」

童子 「鶴?鶴姫のことか?おまえ鶴姫を知ってるのか?」

少年が指し示す場所から鶴姫が現れる

童子 「鶴姫!」

鶴姫 「童子ではありませんか!?どうしてここに!?」

童子 「晴明さまに命で鶴姫を探しに来たんだ。」

鶴姫 「晴明殿の?・・しかしわたくしは安成を救うため愛洲さまに会わねばならぬのです。」

童子は安成の無事を伝え、風の里に戻ろうとする所に島左近と道三が現れる

左近 「ほほう。大助の読みどおりだったな。」

左近 「鶴姫、悪いがここでおまえの魂を貰い受けるぞ。」

鶴姫 「童子、道三を傷つけてはなりませぬ。」

童子 「わかった!!」

左近 「いたく余裕があるの。どこまで続くか楽しみじゃ!」

左近 「音を鳴らせ!!」

鶴姫&童子vs左近&道三の戦いへ

乱戦となり、左近が冥界の兵を送り出し鶴姫達は窮地に陥る 絶体絶命な状態となったが、遠くから眺めていた少年が加勢に加わり 鶴姫は間一髪 左近の攻撃を回避する事に成功するのだが・・・

鶴姫 「童子!!童子!!!」

少年 「無理だ!!あきらめろ!!」

童子は左近と道三に連れ去られてしまった

『風の里近く』

才蔵と伊三、風の里に向かっている道中 本陣に残してきたあおいを心配する才蔵

伊三 「清海が佐助とつなぎをつけた。佐助が六文陣に戻る。心配いらぬ。」

才蔵 「佐助が・・」

伊三 「もう落ち着いたようじゃ。」

才蔵 「伊三、おぬしが佐助を探してくれたのか。」

伊三 「仲間が争うのはわしゃすかん。」

『風の里:五芒星軍本陣近く』

河童に呼び出された馬頭、すると背後から現れたお犬が馬頭を刺す

河童 「なにをするかっぱ!」

お犬 「馬頭をこちらに運ぶのです。風の里は一度、冥界に落とされた方がよい。その方がことがうまく運ぶのです。」

お犬 「早くしろ。」

河童、怯えながら、馬頭を運びだす。

同じく 五芒星軍本陣近くでは、秀頼、義継、清海が 舞いと祈りを捧げ結界の力を弱めていた

清海 「妙じゃ、結界の一部が切られていたようだ。わざと。」

義継 「なにかの策だというのか。」

清海 「おじいさま。それはわかりませぬ。」

秀頼 「策であろうがなかろうが、結界を崩せねばなにもできぬ。攻め入るぞ。」

『風の里の西側はずれ』

六文陣に向かおうとする鬼道丸、姑獲鳥、猫娘はお犬たちを待っている。

すると姑獲鳥は声が出なくなり猫娘は床を掻きむしり始めた・・・

鬼道丸 「絶対、あちきがみんなを守る。だって仲間だから・・・」

鬼道丸 「お兄ちゃん!!あちきに力を貸して!!お兄ちゃん!!仲間でしょ!!」

『風の里(五芒星軍本陣)』

お市の方 「晴明。ようやくおのれらの本丸に入れたわ。」

晴明 「結界を破りおったか。」

秀頼 「悪く思うな。」

大助 「ここがおまえたちの最後の場所だ!おのれの陣で消滅するのは本望であろう!」

晴明 「滝夜叉、おぬしはまだそう動けぬ。後方で支援を頼む。蜘蛛丸は滝夜叉を守れ。」

純友 「重衡、わしの目となれ。」

お市の方 「ようやくお主たちの首を得るわ。」

晴明 「死中に活をひろうのみ。」

晴明・滝夜叉 「音を鳴らせ!!」

五芒星軍・魔界水軍 vs 冥界軍・真田十勇士・魔界少女拳の戦いへ

激戦となり晴明が獅子奮迅の闘い、その晴明を滝夜叉が支援する。

重衡は純友をかばいながら戦うも最後は純友が滝夜叉をかばい、大助、秀頼、スキピオヌの剣を受け倒れてしまう

晴明も傷つき、スキピオヌに首を刎ねられそうになった時・・・

右近が現れ、晴明を救う

右近 「音を鳴らせ!!」

山三郎、安成も現れ再び乱戦となる

激闘の末、晴明・右近の波動でスキピオぬが吹き飛ぶ。

その姿を見たお市の方は撤退を決意する

お市の方 「撤収じゃぁあああああああ!!!!」

滝夜叉をかばい攻撃を受けていた純友 冥界軍の撤退と同時に倒れ込んでしまう

滝夜叉 「純友ぉおおおおおおおお!!!!!」

『六文陣のはずれ』

藤太 「やや。迷ってしもうたわい。」

隆房 「なにをしておるのだ!」

藤太 「わしのせいばかりにするな!!おぬしはわしについてきておるだけではないか!」

あおい 「助けてぇええ!!!」

そこに、小助から逃げるあおいが現れる

藤太 「あおいではないか!」

隆房 「真田か・・」

小助が二人りに対して戦闘態勢をとる。

小助 「娘を渡せ。」

隆房 「嫌だと言ったら?」

小助 「音を鳴らせ。」

隆房&藤太vs小助の戦いへ

激しく戦う小助と隆房、藤太。

小助は佐助との戦いのダメージが残っており、劣勢となり

最後は噴煙の術を使い逃げて行った・・・

場面はお犬と河童へ

お犬 「おまえはもう逃げられぬ。仲間を裏切ったのだから。わたしの言うとおりにすればいい。そうすればおぬしは人に戻れるのだから。」

こうして『第56回 魔界~免罪Pardon~』は終了しました

次回の公演は2019年3月15日(金曜日) チケット絶賛販売中です

【チケット情報はコチラ】

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square