第51回 魔界~夢幻ドリームウォリアーズ~を振り返る

「第51回 魔界~夢幻ドリームウォリアーズ~」を Twitterのハッシュタグ『#魔界』に投稿された写真と共に振り返っていきます

前回のラストシーンでは、真田の裏切りと毛野の決死の反撃で幕を下ろしましたが その後の動きは#魔界戦史で見ることが出来ます。

まずはそちらをチェックしていきましょう

相打ちとなった昌幸と毛野、その2人の後と 冥界の進撃で大混乱の魔界の行方は・・・

■魔界戦史<魔界争乱編49> ~昌幸、毛野のその後の巻~ https://chatstory.pixiv.net/stories/xGEJCva

重篤な状態にある毛野を救う為、信乃は大角を伴い ある人物を訪れようとしていた

■魔界戦史<魔界争乱編51> ~信乃、毛野をすくうために奔走するの巻~ https://chatstory.pixiv.net/stories/k-yeI7I

負傷していたはずの昌幸は穴山小助を枕元に呼ぶが・・・

■魔界戦史<魔界争乱編54> ~真田昌幸、魔界を去るの巻~ https://chatstory.pixiv.net/stories/5iGPFHx

冥界軍に操られた純友・藤太・隆房と戦った晴明&滝夜叉。 魔界の扉が閉じたあと2人にどのような動きが有ったのか

■魔界戦史<魔界争乱編50> ~晴明、滝夜叉、風の里に戻るの巻~ https://chatstory.pixiv.net/stories/LR7trkx

冥界の進撃の餌食となった黒魔術軍と魔界少女拳は その対応策を練ることになるのだが・・・

■魔界戦史〈魔界争乱編52> ~黒魔術軍、魔界少女拳軍の思惑の巻~ https://chatstory.pixiv.net/stories/KBSNKUY

山三郎の傷を治すため、出かけた梵蛇眉は 偶然に新撰組の山崎烝と出会う・・・

■魔界戦史<魔界争乱編53> ~梵蛇眉、山崎と出会うの巻~ https://chatstory.pixiv.net/stories/IRkdJAr

毛野を愛洲移香斎に預けた信乃・道節・大角の三人は 里見の陣に戻る途中、魔界水軍本陣の怪しい動きを見るが…

■魔界戦史<魔界争乱編55> ~重衡の砦攻防戦の巻~ https://chatstory.pixiv.net/stories/4oF2AGf

冥界にのっとられた黒魔術軍本陣である黒の谷と 魔界少女拳の本陣である闇が岳。ふたつの陣に異変が…

■魔界戦史<魔界争乱編56> ~黒の谷、闇が岳の異変の巻~ https://chatstory.pixiv.net/stories/fg5UC7I

前回より増して、魔界戦史で綴られる物語が多いですが 第51回の振り返りをする前に目を通して頂けると

各キャラクターの動きや心境が分かるかと思いますので宜しくお願いします。

それでは、魔界の扉が開いてからの振り返り。参りましょう

『黒の谷(黒魔術軍本陣)』

右近 「正義の男。ジュストよ。おまえの自由。おまえの信仰。おまえの正義。この右近が全て蝕んでくれよう・・・イーブル・・お主の自由にはさせぬ・・お主の・・・」

高山右近、その身体には正義の人と呼ばれた現世の高山右近『ジュスト』と 冥界に堕ち、悪魔に魂を売り得た高山右近『イーブル』の二人が居る

今までジュストは封印されていたが、悪魔の右近が実体を得て分身したあと、ジュストの魂が戻り、2人の右近が葛藤する所から 第51回 魔界~夢幻ドリームウォリアーズ~が始まります

『あおいの力を見極める』『里見を討つ』という昌幸の命を清海が伝え 真田十勇士は鬨の声を上げ、士気を高める

昌幸と相打ちとなった毛野は動くことが出来ない。

しかし昌幸も動けない今が最大の好機。 真田を攻めるべく里見軍も鬨の声を上げ、士気を高める

オープニング:魔界堕天(妖&鬼一法眼)

『黒の谷(黒魔術軍本陣)』

傷は完全に癒えてない山三郎、そこに梵蛇眉・影狼・チャックが合流

右近の行方も掴めず、西側には冥界の砦が出来て周囲は敵だらけ。

困り果てた黒魔術軍のもとに新撰組 土方&山崎が現れる

山三郎は『近藤勇を冥界から戻せる方法が有る』と書状を送り2人を招き入れた

新撰組復活を目論む2人、目的を果たす為なら黒魔術軍と組んでも良い。と、友好的。

山崎は『同盟のおりには、お互い五分』を望み山三郎は承諾

土方は最後の条件に、山三郎の力を味わうべく喧嘩を望み2人の戦いへ発展する

激しく戦う2人、最後は互いに寸止めで戦いが終わる

土方 「技のキレ。総司と匹敵するぜ。気に入った。」

山三郎 「あんたの男ぶりも堪能できたよ。」

山崎 「これでまとまりましたな。」

『闇が岳(魔界少女拳本陣)』

新撰組の二人が居なくなった魔界少女拳本陣

日野富子 「われらの仲間に相応しい者を呼び寄せるゆえ。」

そう言い、呼び寄せた男は日野富子の息子『9代将軍 足利義尚』であった

土方達を探し出そうとする魔界少女拳の元に、突如 お市の方が現れる

フロイスと、瞳術で操られている藤太、純友、隆房に襲撃されてしまう

場面は変わり、晴明と滝夜叉の二人

晴明 「お市の方よ。われらを甘く見ぬがよい。」

滝夜叉 「晴明・・お主と手を組むのは今だけぞ。」

晴明 「わかっておる。」

滝夜叉 「瞳術の破り方など容易いものじゃ。」

晴明 「援軍は送っておいた。」

滝夜叉 「ほほ。どちらの援軍かはわからぬがな。」

『六文陣(真田十勇士本陣)』

佐助が差し出す栗を食べるあおい。開放を望むが

才蔵 「すまぬがそれはできぬ。」

あおい 「わたしをどうする気なの!?」

才蔵 「悪いようにはせぬ。わしが必ずおぬしを守る。」

あおい 「さらっておいて守る!?」

あおいは捕らわれたまま・・・

『風の里(五芒星軍本陣)』

児雷也を失い傷心の鬼道丸は仲間たち悪態をつき去っていく

茨木童子は「強くなりたい」と願い馬頭に指導を仰ぐ

童子 「おらは強くなりたい・・どうやったら強くなれる?」

馬頭 「なんのために強くなりたい?」

童子 「なかまを守るために。」

馬頭 「・・・・なら戦え。」

馬頭 「強くなりたいなら・・戦え!」

童子 「わかった!」

馬頭が童子を厳しく教えるように戦う

何度倒れても立ち上がる童子だったが、力尽き倒れる

馬頭 「本気で強くなりたいならついてこい。」

立ち去る馬頭に必死についていく茨木童子だった

『六文陣(真田軍本陣)』

真田軍のもとに、あおいを取り戻すべく里見、信乃、大角、道節が現れる。

そして里見の援軍として安成・鶴姫が加勢に加わり真田との決戦が始まる

真田軍が連携をうまく使い、優勢となるが 安成・鶴姫も連携し応戦。

小助、信乃も参戦し両軍全員が戦い更に乱戦となる。

才蔵、佐助、伊三が連携で反撃するが、小助は安成、信乃に仕留められ 大助は里見と鶴姫に倒される真田軍が劣勢になった所で

清海が、あおいに術を発動

絶叫したあおいが波動を放ち里見軍は 『冥界 死の丘』に吹き飛ばされてしまう

里見軍は"見えない兵"に襲われている最中、小助が突如現れ

里見・道節が斬り倒されてしまう・・・

『剣士の谷 チェルキオ』

鬼一法眼 「おまえとは敵味方ながら長い付き合いになったものだ。魔界と冥界がひとつになり、われらの立場も変わる。今宵は闘いではなく、この空虚な世界に音を捧げてみるか。」

ウジェニーと鬼一法眼が音を捧げ

鬼一法眼 「我についてくるもよし。我は冥界にて剣をさらに極める。楽しみじゃ。」

そう言い2人は去って行った

エンディング:運命に明日は哭く(妖)

『闇が岳(魔界少女拳本陣)』

場面は再び、冥界軍に襲われた魔界少女拳

そこに晴明と滝夜叉が救出に現れる

更に、大内義隆が現れ晴明・滝夜叉と合体術を放ち 純友・藤太・隆房にかかっていた瞳術が解かれ3人は我に返る

フロイスが倒れ、孤立したお市の方は"見えない兵"を駆使し戦う。

息を吹き返したフロイスは隆房を襲う

隆房の窮地を大内が救い

大内 「隆房!!攻めよ!!!」

と檄を飛ばし、隆房はフロイスを追い込むが

スキピオヌが現れ隆房、藤太、純友を一掃

スピキオヌが圧倒的な力で猛威を振るうが

突如、右近が現れスピキオヌに技を発動し状況が一変

そこに息を吹き返したフロイスが 強烈な一撃を放ち冥界軍は退却し舞台は暗転

こうして第51回 魔界の幕が閉じました

次回の公演は10月19日 チケット絶賛販売中です

【チケット情報はコチラ】

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square