第50回 魔界~Re:降臨カムダウンアゲイン~を振り返る

「第50回 魔界~Re:降臨カムダウンアゲイン~」を 写真・台詞と共に振り返っていきましょう

その前に、前回の公演→今回の公演までに#魔界戦史で起きた事をピックアップ

まずはコチラを見て頂いた後、振り返りを見て頂くのがストーリー的に繋がってます。

■魔界戦史<魔界争乱編42>

~魔界閉幕後 各軍の動き~

https://chatstory.pixiv.net/stories/AvDPMxo

■魔界戦史<魔界争乱編44> ~あおい争奪戦の巻~

https://chatstory.pixiv.net/stories/k8HFC5f

■魔界戦史<魔界争乱編47> ~昌幸、里見に使者を送り、児雷也消えるの巻。~https://chatstory.pixiv.net/stories/IGvgutV

他にも有りますが、時系列的に後程。

では振り返り、参りましょう

今回はオープニングアクトの終了時 突如佐助が現れ、あおいを連れ去って行きました

そして本編スタート

冒頭は<冥界:死の丘>から

児雷也の前に現れる お市の方。 そしてフロイス、スキピオヌ、道三

お市の方 「古き骸を捨て生まれ変わる時が来た、児雷也、おまえの中にあるもの開放してやろう」

フロイス達の攻撃に倒れてしまう児雷也。

その児雷也の首筋に、お市が食らいつくと

お市 「これは!!この男・・伽羅奢さま・・わらわに力を与えたもうたか!!」

児雷也はどうなってしまうのか お市は、児雷也を取り込み新たな力を得たのか・・・

そして、遠くで真田昌幸がその模様を見ていました

昌幸 「おそるべき力だな。伽羅奢の子よ。その力、早めに削いでおかねばならぬ。」

<オープニング:魔界堕天(妖&鬼一法眼)>

<黒の谷(黒魔術軍本陣)>

このシーン前のチェック事項

■魔界戦史<魔界争乱編45> ~右近目覚めるの巻~

https://chatstory.pixiv.net/stories/gUwSNLN

黒魔術軍本陣には名古屋山三郎、梵蛇眉、影狼、チャックの4人。

前回、冥界の手によって討ち取られてしまった右近。

その右近が消えてしまったようで困惑している梵蛇眉

そこに、冥界:島左近が一人で本陣襲撃

主力で戦えるのは山三郎のみだが、4人協力して島左近を追い詰めた所で・・・

左近 「冥界の軍よ!!攻め込め!!」

前回、馬頭が戦った『見えない敵』

見えない冥界軍が4人を襲い、倒されてしまいました

冥界にて、ウジェニーの独奏

フロイスが音のエネルギーを浴び、去っていきました

<闇が岳(魔界少女拳本陣)>

このシーン前のチェック事項

■魔界戦史<魔界争乱編46> ~土方の思惑、滝夜叉の思惑の巻。~

https://chatstory.pixiv.net/stories/KuYralu

秀頼、義継、土方、山崎、日野の5人

土方は「冥界に新撰組の仲間を探しに行く」と言うが引き留める秀頼

「冥界に行き戻ってこれる確証は無い。」と過小評価された土方は怒り、一触即発の雰囲気となる

そこに現れる謎の軍服の女。 謎の言葉を喋ると、フロイスが登場

フロイス1人に対し、全員が協力し戦うも、謎の女が見えない軍を呼び出し 健闘虚しく全員倒されてしまう

<蒼海の浜(魔界水軍本陣)>

このシーン前のチェック事項

■魔界戦史<魔界争乱編43> ~信乃修行を決意するの巻~

https://chatstory.pixiv.net/stories/vJAHKzu

滝夜叉、純友、藤太 3人のもとに五芒星軍 晴明が隆房と共に現れる

冥界の軍が襲い掛かってきてる現状を危険視している晴明 滝夜叉に「われらが対立するべき時ではない」と言うが

滝夜叉 「それは我らにとって是か非かわからぬな。」と返す滝夜叉

そこにお市の方が現れる

お市 「それは是でもなければ非でもない。」

突如現れたお市に注目する全員だが

晴明 「いかぬ!!お市の方の目を見てはならぬ!!!」

滝夜叉は反射的に目を塞ぐが、隆房、藤太、純友は金縛りにあったようになる。

お市の方 「隆房、藤太、純友よ。おまえたちの心はいっときわらわのものじゃ。憎き陰陽師の者を葬り去れ!」

瞳術により操られてしまった、隆房、藤太、純友が晴明、滝夜叉を襲う

晴明と滝夜叉は連携して戦い、隆房、藤太、純友をなんとか倒すが 2人は力尽き倒れてしまった

お市の方 「これで魔界水軍、五芒星軍も終わりだの。しかし、あえてとどめはささぬ。伽羅奢さまはまだまだおまえたちの力を欲しておる。もっともっと強くなるのじゃ。」

<六文陣(真田本陣)>

清海が祈りを捧げ踊りを捧げる

そして、本陣に居る昌幸のもとに里見が訪れる

昌幸は、真田と里見、手を組む事を持ち掛けるが・・・

里見 「魅力ある提案でありますな・・断ればどうなりますかな?」

昌幸 「危険を承知でここまできて断るなどという選択肢があろうか。」

里見 「あるかもしれぬ。」

昌幸 「ほほう。これは興が湧きますの。それはそれで試してみたい。」

昌幸が手を上げると、そこに現れる 真田十勇士 大助、佐助、伊三、清海

里見が右手をあげると安成と毛野が現れる。

両軍激突

数で上回る真田が優勢。そこに・・・

里見八犬士 犬村大角が加勢に加わる

両軍大乱戦となり、最後は里見と昌幸が拳を交え終わる。

里見 「真田殿。とりあえずこの形でよかろうか。」

昌幸 「子供騙しの策ではあるが、策とは子供騙しの方が当たるものじゃて。」

全員が倒れ、戦いは終わりへ

<風の里(五芒星軍本陣)>

本陣に残る鶴姫と魔界衆。

傷が癒えず倒れ込んだ状態の馬頭を介抱するところに冥界軍が現れる

フロイス 「鶴姫。おまえの魂受取りにきた。」

左近 「おまえたちにはもはや逃げ場はない。」

お市の方 「五芒星軍、魔界水軍、黒魔術軍、魔界少女拳はいずれも崩壊した。あとはおまえたちだけじゃ。」

島左近、スキピオヌ、フロイスが鶴姫達を襲う

茨木童子も戦いに加わり、馬頭・鶴姫が連携で戦うも窮地に陥る

児雷也を求めて叫ぶ鬼道丸だが、お市が残酷な事を告げる

お市の方 「ほほ。児雷也はもはやこの魔界には存在せぬわ!」 「スキピオヌがすでに倒した。あのうすのろはこの偉大な英雄の捧げ物となったわ!」

そして児雷也の上着を投げ捨てるお市

激怒する鬼道丸が突っ込んで行くがスキピオヌが立ち塞がり鬼道丸たち魔界衆を一掃

そこに才蔵と信乃が現れ鶴姫達の加勢に加わる

才蔵 「鶴姫!!!戦え!!」

そして響き渡る児雷也の声

児雷也の声 「鬼道丸!!馬頭に活性丸を打て!!!」

鬼道丸、倒れている馬頭に活性丸を打ち覚醒

魔界各軍の4人が冥界へ反撃を始める

馬頭と才蔵が島左近を倒すも、鬼道丸が力尽き馬頭の覚醒も終わり

スキピオヌが馬頭と才蔵を倒し、鶴姫、信乃を追い詰める

そこに、突如現れた毛野と清海が、あおいを押し出す

毛野と清海があおいに気を放つ。

二人の気を受けたあおいは、絶叫しながら術を放つ。

その術を受け、信乃・鶴姫が技を繰り出しスキピオヌが倒れ、フロイスが孤立する

そこに、真田・里見両軍が勢ぞろいする

昌幸 「フロイスよ!われら真田・里見の両軍が打ち揃って勝てる見込みはあるまい!」

里見 「よいか!!皆の者!!!フロイスを討ち取れ!!!」

一斉に動こうとした時、フロイスは地面を殴り全員が吹っ飛ばされる。

その隙にフロイスは撤退し、この乱戦は終了した

昌幸 「取り逃がしたか・・清海!!」

清海がいきなり毛野を斬り、あおいを捕まえる。

昌幸 「言ったであろう。里見の欲するもの。すべて奪うと。真田の知略。真田の力。真田の野望。この魔界・・いや冥界にてすべてを握る。われらの天下取りは今、始まった!!!知るがよい。おのれらの無力さを!!」

そこに、跳ね起きた毛野が昌幸を刺す。

その刀を奪い昌幸は毛野を刺し、2人は倒れるのであった・・・

こうして第50回 魔界の幕が閉じました

この続きは#魔界戦史で始まってます、更には「チャットストーリー」では、観やすいまとめにもなってますので、日々チェックのほう宜しくお願いします

そして次回の公演は9月21日 チケット絶賛販売中です

【チケット情報はコチラ】

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square