佐々木小次郎

安土桃山時代から江戸時代初期の剣客。号は岩流(巖流、岸流、岸柳、岩龍とも)。ただし、名前についての詳細は不明な点も多い。宮本武蔵との巌流島での決闘で知られる。

魔界における鬼一法眼と肩を並べる唯一の剣士。

初登場は「第9回魔界輪廻」

登場当初は黒魔術軍に属していたが、その後魔界水軍に属することになる。

その剣技は流麗にして華麗。

鬼一法眼と同じく多弦使いの技でありながらまた違う技のキレを持つ。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square