鬼一法眼

京の一条堀川に住んだ陰陽師。『六韜』という兵法の大家でもあり、文武の達人とされる。源義経がその娘と通じて伝家の兵書『六韜』を盗み学んだという伝説で有名。また剣術においても、京八流の祖として、また剣術の神として崇められている。

参照→wikipedia鬼一法眼

魔界最強の剣士。

剣を追求することしか眼中にない。8本の剣(弦)を自在に操る。

初登場は「第7回魔界開戦」

初期は風神と名乗っていた。

鬼一法眼となってからは魔界の剣士の頂点として様々な剣士と戦う。

現在は五芒星軍に属しているが、軍に縛られることなく剣を振るう。

演じるはISAO

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square