稽古場レポート32

連休最中の水曜日。イレギュラーですが5月の魔界のリハーサル。

ついにこの男が戻って来ました。

別キャラクターでは昨年も登場しましたが、楠木正成としては2年半ぶりの登場となる渡猛さん。

即興芝居の名手として名高い渡さんがその独特のスタイルで戻ってきます。

真田昌幸役の植村好宏さんとはまた違う俳優の妙技を披露してくれます。

得意の即興も交えながら、2年半ぶりとは思えない楠木正成の飄々とした雰囲気を再現してくれました。

今回はボリュームがたっぷりですが、演技のテンポが一つの勝負となります。

魔界は常に新しい実験を繰り返しながら進んでいくものです。

演者も作家もその中から新しい「法則」を生み出していきます。

ですから、稽古場もそのための「チャレンジ」の場でなければいけません。ワタシ自身、すでに新しい「法則」と「仕組み」を考え始めています。

この5月はそのための手がかりを探す役割もあります。

少しづつ手応えを感じています。

その鍵は、犬塚信乃役の宮原華音さん、三好清海役の青羽ひかりさん、赤蜂役の山本海斗くんの若い力に。

新しい魔界の姿をお見せしたいと思います。

そんな5月の魔界「第47回魔界〜泰山鳴動サンダーランブリング」は2週間後!!

チケットはこちら

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square