猿飛佐助

講談や立川文庫の小説などに登場する架空の忍者。ただし、モデルとなった人物(猿飛仁助や上月佐助など)が実在したとする説もある。

参照→wikipedia猿飛佐助

真田昌幸が作り上げた真田十勇士の一人。

昌幸の元の主君である武田勝頼の遺児。

忍として徹底した訓練を受けており、どんな拷問にも耐えうるために喉を潰し、声を出ないようにしている。

血を吐くと超人的な力を発揮する。

初登場は「第38回魔界〜BLACK MAGIC ORCHESTRA」

演じるは本田アユム

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square