稽古レポート27

March 30, 2018

 

 

早いもので3月ももう終わり。

 

4月の魔界もあと2週間。

 

今回は猛烈に物量が多く、すでにワタシは焦っております。

 

しかしながら、この数ヶ月の演技の対する改革が実ってきて主要メンバーはすでにセリフは入ってきている状態。仕上がりは早い。写真の陶隆房役のAKIRAさん、土方歳三役の大和ヒロシさんの仕上がりも万全になってきました。

 

 

代役で展開するシーンも多かったですが、代役を演じることも全体像を掴む重要な練習となります。

最近は主要メンバーが代役を務めることも多くなってきました。

 

 

魔界衆も今後の魔界では重要なポジションを担うことになります。

 

魔界衆のメンバーは前説となる「きぼんぬ劇場」も含めて、魔界の世界観のひとつを作っていくことが大きな使命。さらなる飛躍を。

 

 

そして今回から加入した青羽ひかりさん(左から二人目)を含む20代前半メンバー。まさに多彩な才能をもつ若いメンバーが集まってきました。魔界の新世代も着実に力をつけています。これから、大きな活躍を。

 

稽古終了後、メンバーのみんなから、先日迎えた50歳の誕生日を祝ってもらいました。実は青羽さんと誕生日が一緒なんですね。

 

 

命の水をいただきました。

 

すげー嬉しい!!!

 

何よりも日本酒好きとして最高のプレゼント。

 

大切に呑みます。

 

そんなわけで、4月の魔界が近づいてきました。

 

今回は少し出足が鈍いのでいいお席をゲットできるチャンスです。

 

チケットはこちら

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

第68回 魔界~天国への階段Stairway to Heven~を振り返る

April 18, 2020

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ