壱与


日本の弥生時代3世紀に『三国志 (歴史書)』、魏志倭人伝中の邪馬台国を都とした倭の女王卑弥呼の宗女にして、卑弥呼の跡を13歳で継いだとされる女性である。魏志倭人伝中では「壹與」であるが、後代の書である『梁書』『北史』では「臺與」と記述されている。

参照→wikipedia台与

魔界随一の唄姫。

その唄声は「神の聲」と称される。

陰陽師の祖である卑弥呼の後継者として忽然と現れるがその事績は謎のまま消える。

その存在は、「聲」を通して魔界のヒトガタの悲しい運命を彩る。

初登場は「第17回魔界相剋」

現在は、五芒星軍の属している。

演じるはシギ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square