前田慶次


戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将。小説や漫画の影響で現在では前田慶次/慶次郎の通称で知られるが、宗兵衛、利益、利太、利大、利貞など複数の名前を用いており、道号でも、穀蔵院飄戸斎(こくぞういん ひょっとこさい)や穀蔵院忽之斎(こくぞういん ひょつとさい)、または龍砕軒不便斎(りゅうさいけん ふべんさい)と時期によって名乗りが異なる。

滝川一族の出身で、前田利家の義理の甥。子は一男三女(一男五女という説も有る)をもうけた。兜は、南蛮笠式兜。

参照→wikipedia前田慶次

五芒星軍の主力。

初登場は第4回魔界凶乱。

魔界の中でも己を変えることなく自由に振る舞う。

霧隠才蔵の母である甲斐姫とは因縁があり、そのことから才蔵と心を通わせる。

飄々としていて人を食ったようなところはあるが、常にぶれずに己の信念を貫き通す。

魔界の中では珍しく一度もヒールターンしたことがない。

目に見えない「壁」を繰り出し、敵をからかうが、大抵の場合、失敗する。

初期、結界縄が存在していた頃は、いつも股間を結界縄に打ち付けることがお決まりになっていた。

大朱槍を武器としている。

演じるは藤田峰雄

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square