朝比奈義秀

朝比奈 義秀(あさひな よしひで)は、鎌倉時代初期の武将・御家人。安房国朝夷郡に領地としたことで朝比奈を苗字とする。朝比奈氏(和田氏一族)の当主。

父・和田義盛が北条氏打倒を企てて起こした和田合戦で、最もめざましく奮戦した武将。『吾妻鏡』はこの合戦での義秀の活躍を詳細に記述している。

参照→wikipedia朝比奈義秀

黒魔術軍最強の大巨人。

冥界の使者ではなく、魔界のヒトガタでありながらその力は冥界の使者をも凌ぐ。

2メートルを超える大刀を武器とし暴れまわる。

義経と愛人関係であった平安最強の女武将巴御前を母に持つ。

初登場は第5回魔界繚乱

弁慶を封じた天草四郎がその肉体を操っているとされるが、現在もその状態が続いているかは不明。

演じるは石川修司

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square