馬頭


鬼道丸を守るために道満によって送り込まれた護衛官。

その正体は三国志で出てくる馬騰とも言われるが定かではない。

初登場は「第31回魔界錬闘会〜炎陣の巻」

鬼道丸の護衛でありながら、ひのえんまをいつしか愛してしまい、ひのえんまのために戦うようになる。

そのことを晴明に咎められ「第42回魔界〜慟哭クライング」で制裁を課せられる。

演じるは趙雲子龍

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square