ルイス・フロイス


ルイス・フロイス(葡: Luís Fróis [luˈiʃ frɔjʃ]、1532年 - 1597年7月8日(慶長2年5月24日))は、ポルトガルのカトリック司祭、宣教師。イエズス会士として戦国時代の日本で宣教し、織田信長や豊臣秀吉らと会見。戦国時代研究の貴重な資料となる『日本史』を記したことで有名。

参照→wikipediaルイス・フロイス

黒魔術軍の一員として冥界から現れる。いわゆる「冥界の使者」と違い、あくまでも黒魔術軍の一員として魔界の存在する。伽羅奢によって召喚された。

初登場は「第14回魔界果敢」

十字架の長剣を振るい、狂気に満ちた戦いを行う。「冥界の宣凶師」と名乗る。

初期の頃はほとんど自我がみられなかったが、最近では少しづつ自我が芽生え始めている。

「第40回魔界〜召喚と再生デッドオアアライブ」で滝夜叉・安倍晴明によって奈落に墜とされたかにみえたが、「第42回魔界〜慟哭クライング」でなにごともなかったかのように復活している。

演じるにはレディビアード

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square