伽羅奢


細川 ガラシャ(伽羅奢、迦羅奢) 明智 玉(子)(明智 珠(子))(ほそかわ ガラシャ / あけち たま(たまこ)、永禄6年〈1563年〉- 慶長5年7月17日〈1600年8月25日〉)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。明智光秀の三女で細川忠興の正室。諱は「たま」(玉/珠)または玉子(たまこ)。キリスト教信徒(キリシタン)。

子に、於長(おちょう: 前野景定正室)、忠隆、興秋、忠利、多羅(たら: 稲葉一通室)などがいる。

明治期にキリスト教徒らが彼女を讃えて「細川ガラシャ」と呼ぶようになり、現在でもこのように呼ばれる場合が多い。

参照→wikipedia細川伽羅奢

黒魔術軍の実質的なリーダーとして君臨。

その霊力は安倍晴明をも凌ぐ。

「第8回魔界転戦」が初登場。伽羅奢の登場以降、魔界は黒魔術軍vs陰陽師という構造になる。

「第11回魔界蓋世」「第12回魔界謀略」でそれまで魔界の中心にいた魔界少女拳を壊滅に追い込む。

伽羅奢の登場は魔界の秩序を破壊し、それは滝夜叉の転生を招き、魔界は黒魔術軍・五芒星軍・魔界水軍の三軍抗争の時代に突入することとなった。

伽羅奢は圧倒的な支配力と冷酷な統率力を持ち、魔界で圧倒的ともいえる存在感を誇るが「第30回魔界錬闘会〜鉄陣の巻」で滝夜叉と一騎打ちを行い、その後魔界から姿を消した。

黒魔術軍参謀高山右近によれば冥界に赴き、新しい力を蓄えているとのこと。

伽羅奢が冥界に向かってのちに「冥界の使者」が次々現れるなど、その力は現在も魔界に影響を及ぼしている。

演じるは虎南有香

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square