稽古場レポート12

December 7, 2017

 

 

いよいよ明日となりました。

 

2017年最後の魔界。第42回魔界〜慟哭クライング

 

稽古場にも緊張感が増してきました。

 

 

 

みどころにも書きましたが今回はストーリーに大きな展開が起こります。

 

12月の魔界はいつも次年度への布石となる回となります。

 

今回も位置付けとしてはそういう回です。

 

全てがハイブリッドして完成するのが魔界。

 

来年は大きな構想がありまして、その試金石になるのが今回の魔界です。

 

2017年は「魔界三国演義」のシリーズ名通り、五芒星軍、魔界水軍、黒魔術軍との抗争を描いてきました。

 

ここ数回は五芒星軍と魔界水軍の連合軍vs黒魔術軍&冥界というわかりやすい図式でしたが、その図式が大きく崩れることになります。

 

そして新たな対立軸が生まれてきます。

 

その鍵を握るのが朱里選手演じる霧隠才蔵です。

 

 

 

魔界は「ストーリー」がありきです。

 

複雑で難解なストーリーですが、だからこそ3年間、その新鮮さを失わずに回を重ねて来られました。

 

最初の頃は、プロレスラーが演じてることに批判もあったり冷やかしの目もありましたが、今やプロレスラーだけでなくミュージシャンも演じていることになんの違和感もなくなりました。

 

魔界の世界でストーリーを演じることは、もはや役者というカテゴリーにも当てはまりません。

 

「ハイブリッター」なのです。

 

逆説的に言えば演じるだけではダメなのです。

 

そこのプラスアルファがないと魔界での存在は認められません。

 

その厳しさこそが魔界という世界なのです。

 

 

 

「魔界が蓋にあらず」

 

その言葉は来年の魔界のビジネス的な展開にも現れます。

 

てなことで。

 

まずは明日。

 

魔界お待ちしております!!

 

当日券多分出します!!

 

18時開場です。

 

魔界アリーナ(新木場1stRING)にて!!!

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

第68回 魔界~天国への階段Stairway to Heven~を振り返る

April 18, 2020

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ