錬武官


魔界少女拳の一人。

魔界で行われる死合の儀式は錬武官が裁くことによって成立する。

ごく稀に錬武官以外のものが裁くケースがあるが、(「第37回魔界〜武を継ぐもの」で越智安成VS九鬼嘉隆の一戦を陶隆房が裁いた)これは奪魂の儀式などの死合の条件を含まないものであり、正式な魔界での戦いは全て錬武官が裁く。

もともと魔界少女拳頭領出会った初代悪路王に対して強い忠誠心を持っていたが、悪路王が2代目に移り変わってから正式に魔界少女拳のメンバーとなった模様。

その正体は未だベールに包まれている。

演じるは吉野恵悟

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square