高山右近

黒魔術軍参謀。

伽羅奢が冥界に赴いてからは実質的な黒魔術軍の指揮官をつとめる。

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。代表的なキリシタン大名として知られる。カトリック教会の福者。

父は摂津国人・高山友照、母は洗礼名マリア。同じく摂津国人の中川清秀は従兄弟とされる。

参照 wikipedia→高山右近

生前は敬虔な切支丹大名としてその人柄を多くの人から慕われた。しかし、その裏側で黒魔術の魅力に惹かれ、自分の運命を弄んだ豊臣秀吉、徳川家康を深く憎んでいた。

その想いは魔界にて転生を果たすことになる。同じ切支丹である伽羅奢の右腕として黒魔術軍を率いる。冷静沈着でありながら、智謀を巡らせながらも、戦いにおいては肉弾戦も辞さない。

五芒星軍の総帥安倍晴明とは何度も死闘を繰り広げる。

ここ一番では分身の術を駆使し、敵を翻弄する。ただし、伽羅奢ほどの霊力はない。

初登場は「第29回魔界が来たりて謀略せしむ」

演じるは土屋大輔土屋圭輔。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square