稽古場レポート7

いよいよあと2週間に迫ってきました。第41回魔界〜剣と闇の行方ソードアンドダークネス。

稽古も細かい作り込みに。

朝比奈義秀こと石川修司選手も稽古に参加してくれました。

そして霧隠才蔵こと朱里選手も。

魔界は稽古が少ない上に全員が揃うのは本番のみ。

ですので参加者が欠席者の代役をやります。かくいうワタシも演出の身でありながら三役くらいはやります。

しかし意外にこの代役が勉強になります。

代役をやっている人は、他の人の役をやることによって、よりストーリーや人物相関を感じることになりますし、全体の流れを把握できます。

ワタシもセリフを自分で喋ることで伝わりやすさや文字ではわからない感情移入を知ることができ、それを次の台本に生かすことができます。

そんでもって。

今回から稽古にこの人が参加。

ウジェニーこと星野沙織さん。女優さんではなくバイオリニストです。

ついに音楽班からも演技をする人が!

いやぁ。

お上手です。初めて演技をしたとは思えない。

大体、初めて演技をする人は「照れ」が出てしまうものですが、そういうものは全く感じませんでした。見事に役に入っていました。(何にもキャラ設定してないのに)

経験を積めば素晴らしい女優さんになるのではないかと。

まさにハイブリッドといえます。

年内あと2回しかない魔界。

全力で駆け抜けます。

チケットはこちら

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square