稽古場レポート6


さて。

1日遅れてしまいましたが、「第41回魔界〜ソードアンドダークネス」の稽古は順調に進んでおります。

前回が神回と言われただけにプレッシャーは半端ない。

今回はよりハイブリッド感を増すため、「戦い」の表現の幅とバリエーションを増やしています。

「俳優」として復帰する大和ヒロシ選手や、1ヶ月ぶりの真田大助こと三富正行選手も熱演を。

魔界の課題である「演劇」部分の強化はしっかりと進んでいます。

今回は比較的時間がありますが、年内ラストとなる12月は3週間しかないため、次回への布石を含めて稽古をしました。

12月のストーリーの説明をしながら、11月の芝居部分のつくり込みを。

こういう稽古は効果的だなと。

また、この日、来月から参戦する新しいメンバーも見学に来ていました。

来年は大幅にキャスティングに変化を出します。

2017年の魔界にとって「進化」の1年でした。

それを証明すべく残りの稽古に全力を注ぎたいなと。

チケットも売れております。

早めのご予約を→こちら

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square