安倍晴明


魔界を守る陰陽師であり、五芒星軍のリーダー。

史上最強にして最高の陰陽師。

歴史上においては・・

延喜21年1月11日[1]〈921年2月21日〉 - 寛弘2年9月26日〈1005年10月31日〉)は、平安時代の陰陽師。「晴明」を「せいめい」と読むのは有職読みであり、本来の読み方は確定していない。鎌倉時代から明治時代初めまで陰陽寮を統括した安倍氏(土御門家)の祖。官位は従四位下・播磨守。

参照→wikipedia「安倍晴明

魔界においては第2回「魔界繚乱」から登場。

スーツ姿は、子孫である安倍啓介の肉体を借りている状態。

この状態になると、身体能力が高まり「ヒトガタ」とも互角に戦える。

霊力と共に肉体戦も駆使し自ら戦うことを得意とする。

沈着冷静であるが、弟子である夕顔との愛と、その夕顔の夫である渡辺綱の間で揺れたりと人間味のある部分も垣間見える。

本来は戦略家でありながら五芒星軍においてはあえて統率せず、自らの行動のみを優先させている。

演じるのは俳優のにいみ啓介

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square