黒魔術軍


細川伽羅奢率いる軍団。

その名の通り西欧の黒魔術がそのベースになっており、必然的に日本にキリスト教が伝来してからのヒトガタが多い。

魔界が本来蓋をしている冥界(地獄)と繋がっており、その目的は魔界の破壊であり、その結果、地上に冥界を出現させ地上も破壊するというものである。

所属ヒトガタは以下の通り

細川伽羅奢(戦国時代)

高山右近(戦国時代)

黒田官兵衛(戦国時代)

真田大助(戦国時代)

猿飛佐助(戦国時代)

霧隠才蔵(戦国時代)

百地三太夫(戦国時代)

服部半蔵(戦国時代)

望月千代女(戦国時代)

風魔小太郎(戦国時代)

名古屋山三郎(戦国時代)

ルイスフロイス(戦国時代)

朝比奈義秀(平安時代)

大祝安房(戦国時代)*奈落堕ち

ここに冥界の使者として

ハーデス、ティムール、島左近(戦国時代)がいる。

剣士としては

バージニア、ウジェニー、カタリナ、ドラクル、鬼目

側近として

梵蛇眉、影狼、一丈青がいる。

軍団としては極めて統率力が強く、勢力、実力共に三軍の中では随一である。

戦国時代出身者と共に忍者が多いのも特徴である。

現在は、指揮官である伽羅奢が冥界に赴いているため、参謀の高山右近が指揮をとっている。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square