魔界稽古場レポート4


水曜日に第40回を終えて、木曜日には第41回の稽古がスタート。

所属メンバーとのミーティングを終えて、稽古場に。

さすがに翌日稽古は参加メンバーが少ない・・

ですので、あまり普段時間を割けない「台本」の読み込みと説明を行いました。

今の魔界の課題は「芝居」のレベルアップ。

良い俳優の力の4割は「台本の読解力」だとワタシは思っています。

どれだけ自分の役に落とし込み、どれだけ台本の「矛盾」を「演技力」でカバーできるか。もしくは台本の矛盾点を演出家に質問して、シーンで解決できるかです。

その意味では、今回はかなり「読解力」の解説に時間を割けたのは有意義でした。

演出としても改めて作品全体を見直すいい機会に。

そして。

今回、ほぼ2年ぶりの復活となる土方歳三こと大和ヒロシ選手が参加。

大きな怪我を負い、未だプロレスラーとしての復帰はしていませんが、魔界では「俳優」として復帰してもらいます。いや。デビューですね。

今回は重要な役どころなので、気合い十分です。

土方歳三がどんなポジションで復活するのかも注目です。

さぁ。

もうチケットは売れ始めています。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square