奪魂の儀式


魔界の「死合」の形式の一つ。

魔界には「死」の概念はないが、相手(ヒトガタ)の魂を奪うことができる。

魂を奪うという行為は、相手の支配権を奪うということで、敵を自分の陣営に引き入れることができる。

この儀式は、「錬武官」と魔界をコントロールする「道満」の承認によって行われる。

ただし、魂を奪っても相手の人格を長期に支配することは難しく、時間が経つと本来、そのヒトガタが持つ人格で行動し始めるため、完全な支配権を持つことにはならない。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square