魔界稽古場レポート


iZANAGI直前ではありますが、当然10月の魔界も始まっています。

「信長の野望201X」とのコラボの成功を受け、さらに魔界本編は加速させていかねばと考えています。

てなわけで。

今回は欠席者も多かったので芝居部分をじっくりと演出しました。

特にMAKAI所属のベテラン3名のハイブリッターのシーンはじっくりと。

俵藤太ことバッファロー、藤原純友ことTARU、陶隆房ことAKIRAの演技は、レスラーや俳優という区別が無意味な迫真の演技。

ストーリー上も芝居の絡みが多い3人。

今回は魔界の謎に迫るシーンが見ものです。

10月の魔界はさらなる進化を遂げていきます。

平安時代の仲間である俵藤太と藤原純友。

瀬戸内海で覇権を目指した時代は違えど海に生きた陶隆房と藤原純友。

複雑な想いが魔界水軍と五芒星軍の連合に渦巻きます。

今回はストーリー部分にもじっくり注目してほしい。

チケットはこちら!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square