とよとみひでより (あくろおう)

豊臣秀頼(悪路王)

  • Twitter Social Icon

戦国時代から召喚された「ヒトガタ」だが、そこに「式神」である悪路王が宿っている。

 

大阪城で悲運の最期を遂げた豊臣秀頼がその実体である。現世と違い、その恵まれた体術を駆使し闘うことも厭わない。実父は秀吉ではない。

初代悪路王(平了)

昭和初期、政府転覆を図った陰陽師集団魔界少女拳のリーダーであった平了。


平将門の末裔を名乗って暗躍するものの、安倍晴明の子孫である安倍啓明によって阻止され死ぬ。


その怨念を抱いて魔界に転生したと思われていたが、実はその正体は「悪路王」なる式神であったことが判明する。


もともと実体のない悪路王は、魔界でより強い影響力を行使するため、魔界衆として転生していた平路王こと豊臣秀頼に目を付け、秀頼と一体化を図り、2代目悪路王を生み出し、おのれは魔界から消滅する。

「第32回 魔界錬闘会 ~雪陣の巻~」

 


二代目悪路王(平路王)


明るく、人の良く、少し抜けたキャラクター平路王として、魔界衆に登場。しかしその正体は、豊臣秀吉の後継者であった豊臣秀頼である。


魔界衆は全て実際は歴史上の人物であるが、力の弱い者はその姿を維持できず妖怪として魔界に現れるという法則がある。


平路王は、力がない秀頼が姿を変えたものであったが、そこに目をつけた悪路王によって利用され、二代目悪路王として新生魔界少女拳の中心にすわる。

「第32回 魔界錬闘会 ~雪陣の巻~」​)

cast:瀧谷一樹

  • Twitter Social Icon